従来の超音波マシンに比べて部分的に痩せる効果も期待できるキャビテーションですが、施術を受ける場合の注意点がいくつかあります。まず、生理中は、腹部のトリートメントは避けた方がいいでしょう。

また、生理中でなくても、子宮に疾患がある場合は、腹部へのトリートメントは避けてください。皮膚に傷があったり、やけどがある人、アトピー性皮膚炎の人なども、キャビテーションを避けた方がいい場合があります。また、心臓に疾患があったり、ペースメーカーを使用している人も、キャビテーションを行うことができません。

その他の内科系の病気がある人も、施術する前に必ず相談してみてください。糖尿病やてんかんになったことのある人も、施術することができません。

それから、肝機能が悪い方も、キャビテーションにより集められた脂肪を分解する際に肝臓に負担が掛かるため、施術を受けない方が良いでしょう。妊娠中、もしくは妊娠している可能性のある方、産後間もない方も施術することができませんので、注意してください。また、施術中の注意点としては、キャビテーション独特の金属音がして、施術が終わった後も耳に残る感じがする場合がありますが、これは気にすることのない現象ですので、安心してください。